トップページ > 虫歯かな?!・歯がしみる・痛い・・・

 虫歯かな?!・歯がしみる・痛い・・・

虫歯の治療

むし歯の痛みは、やなものですよね。 しかし、放っておいても治りませんし、悪くなってしまいます。 むし歯は、早期発見、早期治療が歯を長持ちさせるためには、一番重要です。 わかば歯科クリニックでは初期のむし歯も見落とさず、 発見するために、診断用レーザーを取り入れております。 一度削った歯は戻すことができません。 必ず削る前にレーザーで確認することが重要だと当院では考えております。 また、歯が 白濁、または、茶色など着色している方は、 詳しくお調べすることができますので、お気軽にご相談ください。

虫歯の進行

C0(要観察歯)
  初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が着色したりしてます。
定期健診時に診断用レーザーで確認します。 メンテナンスで進行は防げます。
 
C1
  歯の表面に最近が侵入して穴が空いた状態です。 ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。 また、この時点では、まだ痛みを伴う 自覚症状はほとんどありません。 穴の状態が小さいうちに治療しましょう。
 
C2
  象牙質まで細菌が進入した状態です。 虫歯は中で大きく広がります。 冷たい水や風がしみるようになります。 早めに治療をしないと神経を取る可能性が高くなります。
 
C3
  神経まで細菌が進入した状態です。 激しい痛みを感じることもあります。 放っておくと、熱い物がしみてきたり、ズキズキ痛み出します。 これを歯髄炎といいます。
 
C4
  歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。 歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなりますが、 それは治ったのではなく、 神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。 さらに放置すると、根尖病巣(骨の中まで細菌が進入し、 根の先に細菌と膿がたまっている状態です。)に 進行してしまう場合があります。 膿の量が増えると、激しい痛みが出ます。 一度根の先に細菌が侵入すると 完全に取り除くことは不可能で、 再発の可能性があります。

歯がしみる

知覚過敏症について

  • 知覚過敏症とは・・・
  • 正式には象牙質知覚過敏症といいます。特にむし歯になっているわけでもないのに冷たい水を飲んだときに「ピリッ」とくるあの痛みです。ほかにも歯みがき、甘いもの、果物などで痛むことがあります。

  • 知覚過敏症はどうして起こるのか
  • 知覚過敏症の原因はいろいろな事が考えられています。おもな理由として刺激のあるものを口にしたときに、刺激物が象牙細管(象牙質にある細い管)を通って歯髄(神経)に伝わるからです。象牙細管は本来、口の中に入ったものを歯髄に伝えられるほど太い管ではありません。しかし何らかの理由で広がり、口の中で露出してしまった場合にこのようなことが起こります。ほかにも歯髄の変化によるものや、中枢神経内の変化によるものなどがあります。

スタッフ募集

ご意見

当院の治療の特徴

こんな症状はありませんか?

INFOMATION


Copyright (C) 医療法人社団晴咲会 わかば歯科クリニック インプラント 虫歯治療 All Rights Reserved.