再生医療機器メディフュージによるCGF再生療法

メディフュージ人の体はケガなどで血管に傷が付き出血すると、血液中の血小板が集まって血管の穴を埋めるために血液を固める成分(凝固因子)が放出され、フィブリンという物質が作られて傷の治りを促進させます。CGFとは、専用の遠心分離機「メディフュージ」で患者さまご自身の血液を遠心分離して精製したフィブリンと、ケガの治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。

インプラント治療では、骨が足りない場所に填入したり、膜状にして骨を覆って骨の再生・治療を促進します。傷の治りや骨や歯肉の再生が促進されるので治癒期間が短縮されます。ご自身の血液のみで生成できるので、アレルギーや感染のリスクが軽減し、負担の少ない治療が期待できます。歯科用CT、ピエゾサージェリーと並んで、このメディフュージから作られるCGFは、質の高いインプラント治療に不可欠なものになっています。

まずはお悩みをご相談ください

  • わかば歯科クリニックわかば歯科クリニック24時間オンライン予約
  • わかば総合歯科わかば総合歯科オンライン予約
  • わかば第3歯科 わかば第3歯科オンライン予約