多彩な材料をご用意しています

クラウン(被せ物)とインレー(詰め物)があり、素材にもさまざまな種類があります。
当院では、自然観のある材料を使った治療を積極的にご提案しています。それぞれに色調や強度などの特性がありますので、症状やご要望に添って最適の方法をご提案します。

オールセラミッククラウンオールセラミック
セラミック素材は審美性・機能性が高く、安全で長く使用しても変色することがありません。欠けた歯や大きさが不揃いな歯にセラミックのクラウン(冠)をかぶせて歯の色や形、歯並びなどを改善します。

オールセラミックの特徴
●金属アレルギーの心配がない
金属を使っていないので、歯ぐきが黒ずむ心配もありません。

●見た目がきれい
天然の歯に近い色調です。

●長持ちする
メンテナンスや日々のお手入れをきちんとしていただければ、長持ちさせることができます。

ジルコニアセラミッククラウンジルコニアセラミック
従来のオールセラミッククラウンは、内部・外部共にセラミック単体で製作していましたので、金属を使用した差し歯に比べて割れやすく、奥歯には使えない場合がありました。ジルコニアセラミッククラウンは、格段に強度が増し、特に奥歯に向いています。

メタルボンドメタルボンド
セラミッククラウンの1種で、金属フレームをベースに、その表面に白いセラミック剤を焼き付けたクラウンです。セラミックによる審美性と金属の持つ強度という各々の長所を兼ね備えています。セラミックは色味を調整することができるため、天然歯と見分けがつかないほどの色合いを出すことができます。また芯に使う金属には白金加金(プレシャスメタル)を使用しています。適合性や耐久性が高く適度な弾性があり、歯に優しく金属アレルギーを起こしにくいなどのメリットがあります。

オールセラミックインレーオールセラミック
奥歯の銀歯などが目立って気になる場合や、金属アレルギーが気になるというケースに使われる詰め物です。透明性が高いため、より自然な色を再現できます。唾液の吸収がないため口臭の心配もなく、天然歯と見分けがつかないメリットがあります。

ラミネートベニアラミネートベニア
歯の表面をごく薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付ける方法です。ラミネートベニアは一度つけたら外せません。材料は、一般的にはセラミック(ポーセリン)などが使用されます。

<ラミネートベニアのメリット>
・色だけでなく、形(すきっ歯)なども短期間で修正できる
・ホワイトニングで得られる白色よりもっと白くすることができる
・生まれつき色の濃い歯でも短期間で白い歯にできる
・色が元に戻ることはない
・削る量が少ないので痛みもなく、麻酔は基本的には不要

まずはお悩みをご相談ください

  • わかば歯科クリニックわかば歯科クリニック24時間オンライン予約
  • わかば総合歯科わかば総合歯科オンライン予約
  • わかば第3歯科 わかば第3歯科オンライン予約