歯科治療の可能性を広げる最先端治療

骨造成法・再生療法

インプラントや口腔外科領域の進展は目覚ましく、新しい医療機器や治療法が次々と開発されています。当グループでは、それぞれの歯科医師が学会や勉強会に所属し、積極的に知識や技術を修得し、最先端の診療を導入できるよう努めています。

できる限り患者さまの痛みや負担を少なくし、そして歯を残すことに主眼を置いて最先端治療にも取り組んでいます。

難症例の骨再生手術「サイナスリフト」を行っています

サイナスリフトとは、上の奥歯の骨が非常に少ない場合に行う骨再生手術です。上顎骨(上の奥歯の骨)の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞はさまざまな要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに歯がなくなると歯槽骨も吸収し、歯槽骨側と上顎洞から骨吸収が進行して骨量が少なくなることもあります。

サイナスリフト

そこで膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填剤、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術も開発されました。これがサイナスリフト(上顎洞底挙上術)です。

サイナスリフトなどに活躍するピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーピエゾサージェリーは、抜歯などの外科的な処置の際に骨などを切削する医療機器です。三次元超音波振動により、軟組織を傷つけず繊細に硬組織のみを選択的に切削できる外科手術器具で、インプラント、歯周外科、根管治療、外科矯正で行う骨切削に活用され、治療の可能性を広げています。

非常に正確で緻密な骨切削が可能になり、正確な施術ができるため、サイナスリフトにおいても上顎洞粘膜を傷つけることなく、安全に手術することができます。またリッジエクスパンション(歯槽骨の骨幅が狭いところを広げる方法)や、ブロックグラフト(患者さまご自身の骨を採取して移植して骨を作る方法)などにおいても、患者さまの負担を軽減して繊細な処置をしており、術後の骨反応も良好です。

再生医療機器メディフュージによるCGF再生療法

メディフュージ人の体はケガなどで血管に傷が付き出血すると、血液中の血小板が集まって血管の穴を埋めるために血液を固める成分(凝固因子)が放出され、フィブリンという物質が作られて傷の治りを促進させます。CGFとは、専用の遠心分離機「メディフュージ」で患者さまご自身の血液を遠心分離して精製したフィブリンと、ケガの治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。

インプラント治療では、骨が足りない場所に填入したり、膜状にして骨を覆って骨の再生・治療を促進します。傷の治りや骨や歯肉の再生が促進されるので治癒期間が短縮されます。ご自身の血液のみで生成できるので、アレルギーや感染のリスクが軽減し、負担の少ない治療が期待できます。歯科用CT、ピエゾサージェリーと並んで、このメディフュージから作られるCGFは、質の高いインプラント治療に不可欠なものになっています。

骨の再生医療

GBR:骨誘導再生
歯槽骨は歯を支えるための骨で、歯がなくなると急速に衰えてきます。歯周病治療の技術を応用した歯槽骨を再生する治療です。歯槽骨が欠損した部分を再生してからのインプラント治療にも対応します。

エムドゲイン
歯周病治療の一環で、幼弱な豚の歯の芽(歯胚)から抽出したタンパク質を使い、歯が生えてくる時と同じ環境を作り出すことによって、骨を歯の周囲に呼び込んで骨を再生させる方法です。

まずはお悩みをご相談ください

  • わかば歯科クリニックわかば歯科クリニック24時間オンライン予約
  • わかば総合歯科わかば総合歯科オンライン予約
  • わかば第3歯科 わかば第3歯科オンライン予約